シミュレーションシステムSimulation Systems

home > 製品情報 > シミュレーションシステム > 用途から探す > [D3sim] > 構成品 > 道路データベース

研究・開発用ドライビングシミュレーションシステム

道路データベース/道路データベース作成環境

D3simのために、架空および実在する道路を模擬した走行環境データベースです。

道路データベースライブラリ

標準構成に含まれる標準市街地・標準高速道路に加え、オプションを多数用意しています。

標準データベース

標準市街地

標準市街地

標準高速道路

標準高速道路

オプションデータベース

関内みなとみらい地区市街地

関内みなとみらい地区市街地

新市街地

新市街地

郊外幹線道路

郊外幹線道路

山岳道路

山岳道路

首都高速3号線&6号線

首都高速3号線&6号線

首都高速4号線

首都高速4号線

東名高速道路

東名高速道路

※現時点でVer.6未対応のデータベースは順次Ver.6化対応予定。
※各道路データベースの走行区間距離等はお問い合わせください。


道路データベース作成オプション

オプションのソフトウェア追加で、ユーザにて作成した道路データベース上をD3sim環境にて走行できます。 また、オーダーメイドで広範囲・高精細な市街地・テストコースなどの作成も対応可能です。

D3sim RoadTools(簡易道路データベース作成・編集/自動変換・出力ソフトウェア)

D3sim RoadToolsは、道路データベースをユーザが簡易に作成するためのツールセットです。
GUI操作で直感的に道路や交差点を作成できます。作成したデータベースはすぐにD3sim環境で走行することが出来ます。

簡易データベース作成ツール

道路データベース作成のメインツールです。道路の平面線形をIP法で作図し、道路テンプレートをライブラリから選択すると、道路や交差点を自動生成します。(道路の勾配は除きます)信号機・道路標識・景観用のビルなどを、ライブラリから簡単に選択・設置ができます。

※IP法:道路線形作成時の作成方法のひとつで、前後の直線が交わる点を制御点(Intersection Point)として作成する手法。

道路テンプレート作成ツール

車道・白線・側帯・歩道・植樹帯などのパーツを選択して、ユーザ独自の道路テンプレートを作成するツールです。各パーツは幅・高さを変更することができます。作成した道路テンプレートは、素材ライブラリ管理ツールでライブラリに登録して、簡易データベース作成ツールで使用します。

編集画面(車道の設定)

編集画面(車道の設定)


編集画面(壁・樹木の設定)

編集画面(壁・樹木の設定)


テンプレート完成)

テンプレート完成



素材ライブラリ管理ツール

簡易データベース作成ツールで使用するライブラリを編集することができます。ユーザが道路テンプレート作成ツールで作成した道路テンプレートや、市販のモデリングソフトウェアで作成したオープンフライトフォーマットの信号機・道路標識・景観用のビルなどをライブラリに追加することができます。

編集・登録画面

編集・登録画面

データベース作成例

データベース作成例

データベース変換ツール(自動変換・出力ツール)

市販のモデリングソフトウェアで作成した道路データベースやモデルをD3sim のフォーマットに変換するツールセットです。ユーザが所有する既存データベースを有効活用することができます。

オーダーメイド

オーダーメイドで、広範囲/高精度/勾配差のある架空や実在する道路データベース作成も可能です。(市街地・テストコース・高速道路)

お問い合わせ・連絡先

三菱プレシジョン株式会社
シミュレーションシステム事業部

TEL:03-5531-8072
FAX:03-5531-8142