シミュレーションシステムSimulation Systems

home > 製品情報 > シミュレーションシステム > 用途から探す > 展示・体験 > 操縦体験鉄道シミュレータ

展示・体験

運転体験鉄道シミュレータ

電車の運転体験を通して鉄道への理解が深まります

三菱プレシジョンでは、乗務員が使用する訓練シミュレータに近い本格派の運転体験シミュレータを展示館・博物館に納入しています。
楽しく運転しながら、電車のしくみや運行方法を理解できる参加体験型展示であるシミュレータは、子供から大人まで大変人気があり好評を得ています。

運転体験鉄道シミュレータ導入事例

地下鉄博物館 電車運転シミュレータ

地下鉄博物館 電車運転シミュレータ

地下鉄6000系車両のカットモデルにハイビジョンの実写路線映像とリアルな模擬振動を加えた本格的運転シミュレータです。

鉄道博物館 電車運転シミュレータ

鉄道博物館 電車運転シミュレータ

実際の運転台を使用したシミュレータで、安全装置のしくみなどを学びながら運転体験。実写映像を使用しているので、普段はみることができない運転士の視点を体感できます。新幹線シミュレータと山手線シミュレータの2台があります。

お問い合わせ・連絡先

三菱プレシジョン株式会社
シミュレーションシステム事業部

TEL:03-5531-8072
FAX:03-5531-8142