シミュレーションシステムSimulation Systems

home > 製品情報 > シミュレーションシステム > 用途から探す > 教育・訓練・養成・教習 > 自動車運転シミュレータ/安全教育システム

教育・訓練・養成・教習

教育・教習用自動車運転シミュレータ/
安全教育システム

高度な交通安全教育を実現する

三菱プレシジョンは1962年の設立以来、50年以上にわたり航空機・自動車・鉄道・船舶など、様々な教育・訓練用のシミュレータを開発してまいりました。
1967年、自動車運転者教育を目的とした国内初の運転シミュレータDC-1000を警察庁と共同開発し、それ以降、自動車運転教育用シミュレータは自動車教習所をはじめ、都道府県警察本部、自治体、企業等の幅広い教育現場でご採用頂いております。

教育・教習用自動車運転シミュレータ/安全教育システム製品紹介

自動車教習所向け運転シミュレータ

自動車・二輪車運転シミュレータ、模擬運転装置、運転操作検査器等、自動車教習所でのシミュレータ活用を提案します。

運転者教育用運転シミュレータ

全国の運転免許センターをはじめ、各指定(認定)講習機関、企業での運転者教育に使われるシミュレータを提案します。

リハビリテーション用運転シミュレータ

身体機能に障害のある方や、高齢者の交通社会参加・復帰のために、運転シミュレータ機能を搭載した運転操作能力検査用シミュレータを提案します。
また、小型ながらも実車に近い操作感覚を実現した運転操作器もラインアップしています。


お問い合わせ・連絡先

三菱プレシジョン株式会社
シミュレーションシステム事業部

TEL:03-5531-8072
FAX:03-5531-8142