シミュレーションシステムSimulation Systems

home > 製品情報 > シミュレーションシステム > 用途から探す > 教育・訓練・養成・教習 > 運転者教育用運転シミュレータ

教育・訓練・養成・教習

自動車運転シミュレータ

運転者教育用運転シミュレータ

三菱プレシジョンは、1967年に全国の運転免許センターにおける違反者講習・行政処分者講習を行うことを目的として、警察庁と共同開発した日本初の運転者教育用運転シミュレータ[DC-1000]を製品化。以降、企業での運転者教育や、全国の運転免許センター、各指定(認定)講習機関での体験型運転者教育に役立てられています。

企業向け研修・交通安全講習会

運送業(旅客/貨物)の企業における運転者研修をはじめ、業務上や通勤などで運転をする社員に対する安全運転教育用として、また、一般ドライバーを対象とした交通安全講習会等での交通安全啓蒙活動用として自動車運転シミュレータ[DS-7000] 等をご採用頂いております。
なお、シミュレータをトラックに搭載した出張講習に最適な車載型運転者教育システムの納入実績も多数あります。

車載型運転者教育システム

車載型運転者教育システム

車載型運転者教育システム

車載型運転者教育システム

車載型運転者教育システム


違反者講習・行政処分者講習

全国の運転免許センターで行われている違反者講習・行政処分者講習において、以下の運転シミュレータをご活用いただいています。
また、公安委員会から指定(委託)を受けた自動車教習所で実施されている、初心運転者講習や免許取消処分者/停止処分者講習等の法定講習においても、運転シミュレータを活用いただけます。

集合教育用運転シミュレータ

集合教育用運転シミュレータ

違反者講習、免許取消処分者講習、免許停止処分者講習で、運転シミュレータによる教育が行われています。
集合教育用運転シミュレータは、ドライバーの安全運転スキルを診断・教育・訓練することを目的に開発しました。少人数から大人数までの講習に対応し、講習の目的に応じた高度な安全運転教育を実現します。

自動車運転シミュレータ

自動車運転シミュレータ DS-7000

自動車運転シミュレータ DS-7000

免許取消処分者講習として、3画面タイプの運転シミュレータによる教育が行われています。
自動車運転シミュレータ[DS-7000]は、既運転免許取得者に対する講習用運転シミュレータとしての診断評価機能を有し、3画面の表示装置により広い視野角を確保、危険予測訓練や特殊環境体験など、実際の運転体験に近い教育環境を実現します。


お問い合わせ・連絡先

三菱プレシジョン株式会社
シミュレーションシステム事業部

TEL:03-5531-8072
FAX:03-5531-8142