シミュレーションシステムSimulation Systems

home > 製品情報 > シミュレーションシステム > 導入事例 > 教育・訓練・養成・教習 > 新幹線運転自習システム

導入事例

新幹線運転自習システム

運転シミュレータに自習機能を備え、研修生の自主学習をサポートします。

シミュレータは教師による訓練以外に、復習にも活用されています。

新幹線乗務員の養成・訓練に使われる新幹線運転士用シミュレータでは、多人数で同時に運転操作の訓練を実施できるほか、研修生卓の手元にはタッチパネル式ナビゲーション画面が備えられており、これを研修生自ら操作し、訓練項目を入力することで、いつでも復習したい箇所を自習することができます。
初めてシミュレータを操作する研修生にも分かりやすい画面構成で、無理なく自習ができます。結果の出力も可能なので、後で自分の運転操作内容をチェックし、次の訓練に活かすことができます。
また、教師は各研修生の進捗状況や成績が確認できるので、その後の乗務員教育に反映した授業を行うことができます。

装置の構成は、前方の模擬視界表示画面とマスコン・スイッチ類を備え、速度計や列車情報管理装置を模擬している研修生卓と各研修生の訓練状況を確認できる教師卓から構成されています。

装置外観

装置外観

装置外観

装置外観

ナビゲーション画面操作

ナビゲーション画面操作

ナビゲーション画面例

ナビゲーション画面例

お問い合わせ・連絡先

三菱プレシジョン株式会社
シミュレーションシステム事業部

TEL:03-5531-8072
FAX:03-5531-8142