シミュレーションシステムSimulation Systems

home > 製品情報 > シミュレーションシステム > ソリューションのご提案 > モーションシステムのランニングコストを低減したい

モーションシステムのランニングコストを低減したい

メンテナンス費用や使用電力量を低減したいとお考えなら、電動モーションシステムをおすすめします

運用、整備費用いずれにおいても電動モーションがおすすめです。使用頻度が低い場合はなおさらです。油圧モーションシステムでは、使用しなくても作動油等、経年変化する部品があるため動作時間に係わらず一定期間での交換が必要になります。
電動モーションシステムは整備時の点検項目や、オーバーホール時の交換部品点数も少なくて済みます。また、補充用作動油の保管も必要なく、消防法対策も不要です。
ただし、安全上定期的な点検整備が必要な製品であることは油圧も電動も同じです。

モーションシステムのアクチュエータを動作させるために必要な電力量を考えた場合、油圧モーションシステムでは作動油に圧力をかけるモータが常に電力を消費しています。これに対して電動モーションシステムはアクチュエータの動作に必要なだけ電力を消費しますので、油圧方式に比べ電力消費量が少なくなります。(*1)

(*1) 電動モーションシステム(MMS-618E2/3000)と油圧モーションシステム(MMS-660H1)の電力消費量比較では、電動方式が油圧方式に比べ、通常稼働時34%、待機電力62%の省エネとなっています。

三菱プレシジョンのソリューション

モーションシステム

モーションシステム

モーションシステムは電動方式、油圧方式それぞれの特長を活かしたシステムを提案します。

電動は、250kg,500kg,1500kg,3000kg
油圧であれば10tまでの可搬重量をラインナップ。