home > 製品情報 > パーキングシステム > 悩みごとから > ランニングコストが高い

パーキングシステム

ランニングコストが高い

駐車場運営でコストがかかるのは、やはり人件費がトップではないでしょうか。三菱プレシジョンでは、規模・目的に合わせてシステムを構成し、人と機械の仕事分担の最適化を実現します。また、消耗品である駐車券自体の削減もご提案しています。

精算業務・誘導業務の自動化

全自動パーキングシステムと車路管制システムで業務の簡素化が図れます。これにより少人員による運営が可能となり人件費の削減、駐車場運営の効率化を実現できます。

最適な人員配置

運営上どうしても人員を配置しなくてはならない場合でも、駐車場利用データの分析により効率的な人員配置を実現し、人と機械との仕事分担を最適化できます。

ランニングコスト削減

使い捨ての駐車券だけでなく、今お使いの社員証、学生証、診察カードや、Felicaカード・Suica・「Edy」・携帯電話のiアプリを駐車券代わりに利用するチケットレスシステムをご用意しています。これにより駐車券の発券枚数を削減しランニングコストを抑えた効率的運営が図れる上、ご利用者様もキャッシュレス精算ができ顧客満足度がアップします。また繰り返し使える「リサイクル駐車カードシステム」(*1)もご用意していますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

(*1)リサイクル駐車カードシステムは受注生産品です。

もっと知りたい


※「Edy」は、ビットワレット株式会社が管理するプリペイド型電子マネーサービスのブランドです。
※Suicaは、東日本旅客鉄道株式会社の登録商標です。
※FeliCaは、ソニー株式会社が開発した非接触ICカードの技術方式です。
※FeliCaは、ソニー株式会社の登録商標です。
※iアプリは、株式会社NTTドコモの登録商標です。

パーキングシステムTOPページ

ページのトップへ