home > 製品情報 > パーキングシステム > 規模・用途から > 自走式立体駐車場(〜500台)

パーキングシステム

自走式立体駐車場(〜500台)

自走式立体駐車場で駐車台数500台までの駐車場には、管理や車路の問題などさまざまなシステムが必要となってきます。三菱プレシジョンの持つ豊富な実績と経験にぜひお任せ下さい。

事前精算機

駐車場に通じる各階入出場ホールに事前精算機を設置することで、出口にてコインや紙幣を手を伸ばして投入する手間がなくなり、出口にてモタモタしません。運転初心者や高齢者にやさしい駐車場をご提案します。

車番認識システムのナンバー自動読み取りにより

契約車両・定期搬入車両のナンバーをあらかじめ登録しておくことで、入口で駐車券を取ることなく自動でゲートが開き、出口でも同様に自動でゲートが開くノンストップ入退場ができます。また一般車両も事前精算済み車両かどうかをナンバーで判断し精算済みの場合は自動で出庫ゲートが開きます。これにより出口渋滞の緩和ができます。

割引・認証システム

各店舗のお買い上げ金額を加算する多重割引認証システムで、認証毎に駐車券に店舗番号、お買い上げ金額、現在の駐車料金割引額を磁気記録します。これによりご利用客の足取り、店舗毎の集客状況を把握でき、経営分析データや各店舗への請求データとしてもご利用いただけます。

もっと知りたい

パーキングシステムTOPページ

ページのトップへ