home > 製品情報 > パーキングシステム > システムから > キャッシュレスシステム

パーキングシステム

キャッシュレスシステム

現在、非接触ICカードや携帯電話を利用した電子決済が急速に普及してきており、駐車場においてもキャッシュレス精算が付加価値として求められてきています。三菱プレシジョンでは豊富なオプションで各種非接触ICカード精算に対応。また、クレジットカードでの精算にも対応します。

電子マネーによる精算

「Edy」、Suica等の電子マネーに対応(*1)しており、料金精算時に小銭不要のスピーディーな精算・出場が可能となります。管理の面からもつり銭を補充する手間を省くことができます。

(*1)各決済事業者との加盟店契約が別途必要です。機種により対応できないものがあります。お問い合わせください。

 

電子マネーによるチケットレス入出場も可能

各種電子マネーをリーダにかざして入場・出場・精算が可能な、電子マネーを駐車券代わりとするシステムも用意しました。

駐車券が不要なのでランニングコストの低減と産業廃棄物の抑制を実現するほか、利用者の駐車券紛失のリスクが軽減されます。

月極駐車場、リピータの多い一般駐車場などに最適なシステムです。

電子マネー精算

クレジットカード決済はサインレス

お客様とカード会社との契約により、決済はサインレスでスピーディーな精算・出場が可能です。

クレジット決済センターを用意

スピーディーなクレジット決済を低コストで実現するために、三菱プレシジョンでは「クレジット決済センター」を稼動しています。駐車場機器とクレジット決済センターを回線で接続(*3)。クレジット決済専用端末は不要です。

(*3)クレジット決済センターとの接続方式は、端末直接接続方式(コスト重視)とクレジットサーバを設置するサーバ経由接続方式(精算スピード重視)の二つからお選びいただけます。

管理も簡単・便利なweb閲覧

決済情報、取扱い明細などはweb上で閲覧、検索が可能(*4)で、ファイルのダウンロードも可能なので管理運営に役立ちます。

(*4)クレジット決済センター契約時のみ

DSRCを利用した決済

駐車場出入口上に専用のアンテナを設置し、DSRC(*5)搭載車両が入出場すると自動的に料金を徴収します。また、駐車場の出入り口は通過するだけの、ハンズフリーによる入出場を実現します。

(*5)DSRC:専用狭域通信(Dedicated Short Range Communication)

もっと知りたい

全自動精算機 AP-695 Suica専用パーキングシステム
全自動精算機 AP-695


キャッシュレスシステムに関するご質問・お問い合わせはこちら

三菱プレシジョン株式会社 社会・交通システム営業本部

  • TEL:03-5531-8077
  • FAX:03-5531-8142

TEL受付時間
平日(土日・祝日を除く)
9:00〜17:00

お問い合わせフォーム

●各決済事業者との加盟店契約が別途必要です。
●「楽天 Edy(ラクテンエディ)」は、楽天グループのプリペイド型電子マネーサービスです。
●ICい〜カードは、伊予鉄道株式会社のブランドです。
●ICOCAは、JR西日本の登録商標です。
●Kitacaは、北海道旅客鉄道株式会社(JR北海道)の登録商標です。
●PASMOは、株式会社パスモの登録商標です。
●passcaは、富山ライトレール株式会社の登録商標です。
●PiTaPaは、株式会社スルッとKANSAIの登録商標です。
●SUGOCAは、九州旅客鉄道株式会社の登録商標です。
●Suicaは、東日本旅客鉄道株式会社の登録商標です。
  ・JR東日本 Suica利用承認第39号
  ※当該承認は、東日本旅客鉄道株式会社が本商品・サービスの内容・品質を保証するものではありません。
  ※東日本旅客鉄道株式会社の都合により、予告なくSuicaカードが交換されることがあります。

パーキングシステムTOPページ

ページのトップへ