home > 製品情報 > シミュレーションシステム > 用途から探す > 研究・開発 > 鉄道シミュレータ

シミュレーションシステム SIMULTATION SYSTEM

研究・開発

研究・開発用鉄道シミュレータ

日々進化を続ける鉄道において、乗務員のヒューマンエラー研究や、車両の快適性(乗り心地)研究などの用途でシミュレータが活用されています。
シミュレータを用いた実験・研究成果が鉄道事業者による安全輸送に役立てられるなど、三菱プレシジョンの鉄道シミュレータは訓練・養成だけでなく、研究・開発分野からも鉄道の安全・安定輸送に貢献します。

研究・開発用鉄道シミュレータ導入事例

ヒューマンエラー研究用運転シミュレータ

ヒューマンエラー研究用運転シミュレータ

運転士が起こすヒューマンエラーをさまざまな角度から検証するために運転士訓練シミュレータを改造して作られたシミュレータです。

車内快適性シミュレータ

車内快適性シミュレータ

鉄道総合技術研究所に設置された列車内の快適性評価指標の開発を目指し、模擬客室内で複数の外的要因の相互影響や総合的な快適度を評価するシミュレータです。

お問い合わせ・連絡先

三菱プレシジョン株式会社 シミュレーションシステム営業本部

TEL:03-5531-8072

TEL:03-5531-8142

お問い合わせフォーム

ページのトップへ