home > 採用情報 > 社員紹介 > 品質管理(シミュレーションシステム)

採用情報









リクナビの弊社画面へ

社員紹介

 


担当業務:品質管理(シミュレーションシステム)
2002年入社

写真

JOB

Q.現在の仕事内容を詳しく教えてください
自動車シミュレータや鉄道シミュレータなどの民需シミュレータ製品の品質管理を担当しています。
主に事業所では不具合が発生した製品の検証修理や新しいシミュレータの試験・検査などを行っています。現場では施工〜納入までの作業において、現状把握/進捗状況などを管理して、作業の取り纏めを行うと共に試験調整も実施しています。

Q.どんなところに面白さ、魅力を感じますか
実車に近いものでありながら、実車では出来ない所まで入り込めるというのがシミュレータ独特の機能なので、それらの機能を最大限まで活用できるシミュレータを提供できるという面白さはあります。
実車があるからシミュレータができ、シミュレータで培った能力を実車で発揮するという流れがシミュレータの魅力ですね。

Q.今の仕事にはどんな能力が必要ですか
品質管理の目というものを十分に発揮しなくてはいけないと思います。たとえば「絶対こうなる!」という設計者の気持ちを打ち砕くように、常に疑問を持ちかけて、この部分を操作すれば異なることが発生するといった風に目を凝らすことが重要です。
一番怖いのは“慣れ”なので常に初めて携わっている感覚を持って作業に取り組むべきでもあります。

Q.苦労したこと(していること)は?
苦労したことは多々あり、順位を付けることはできないですね。現場では一筋縄でいかず進捗に影響する出来事やトラブルに遭遇します。それは発生すれば“苦労”が増えますが、処置が完了すれば“経験”が増えます。この苦労こそが経験の糧であるため、経験を積み重ねれば苦労は苦労でなくなると感じます。

PERSON

Q.当社を選んだ理由を教えてください
はじめに目に留まったのが独特の製品を作っている企業ということでした。会社説明から様々なシミュレータを体験搭乗ならびにシステムを見せてもらい、こういうシステムの製作に携われたらおもしろいだろうと思い、MPCを選びました。
あとは“鎌倉”という古都の雰囲気が良かったからです。

Q.日々心がけていることは?
常に情報のアンテナを張り巡らして色々なものに興味を抱くことを忘れないことです。また人の話を親身に聞くことも心がけています。現場に行けばお客様に会え、何を求めているのか、何を伝えたいのかを聞くことで、お客様が考えていたことが具体的になります(クレームもありますが…)。あとは、健康でいることですね。

Q.OFFはどんな風に過ごしていますか?
最近は、温泉巡り・映画鑑賞・庭いじりが主体ですね。出張にいくと休日は家でゴロゴロしてしまうので、健康と若さを保つために運動して汗を流さないと、と思う今日この頃です。

VISION

Q.当社で実現したい夢を教えてください
人間誰しも一度は関った事がある製品、それを作るのがMPC・・・というまではいきませんが、つながりが深い会社にしていきたいということは思いますね。企業とのつながりでも人のつながりでも、多くの人に知ってもらい多くの事に貢献できる製品が生み出せればいいなと思います。

Q.最後に、就職活動中の皆さんへアドバイスをお願いします
自分の中で興味があることは十分に伸ばしていき、辿り着いたところに本当にやりたい仕事があると思います。たくさん苦労して、たくさん悩んで、やりたいことは躊躇せずに若いうちにとことんやって欲しいですね。
あとは喜怒哀楽を忘れずに自信をもって就職活動を進めていってほしいです。

ページのトップへ