home > 採用情報 > 社員紹介 > 資材調達

採用情報









リクナビの弊社画面へ

社員紹介

 


担当業務:資材調達
2006年入社

写真

JOB

Q.現在の仕事内容を詳しく教えてください
MPCが製品を作るための部品・材料の調達を担当しています。社内からの要求を受け、メーカーや商社から見積を入手します。提示された内容を確認後、価格や納期がこちらの要求に合致するよう相手方と交渉し、合意できた時点で注文します。注文後は、注文品が期日通り納入されるようフォローします。扱う物はネジ1本から高性能機器まで様々です。国内だけでなく海外のメーカーからも調達することがあります。

Q.どんなところに面白さ、魅力を感じますか
自分の調達した部品・材料を用いた製品が実際に世に出て使われるのを見届けることが魅力の一つだと思います。今私は宇宙用搭載機器に使用する部品・材料の調達を担当していますので、微力ながら私が関わった製品が無事打ち上げられ、その役割を全うするのを見て感慨に浸るのが楽しみです。

Q.今の仕事にはどんな能力が必要ですか
資材を調達するにあたり、ある部品が当社のどの製品に使われるのか、それは社内工程のどの段階で必要になるのか、その製品を作るための予算はどの程度あるのか、といったことを理解することが必要だと思います。また、資材調達に限ったことではないですが、複数の案件が同時進行しますので、マルチタスクに仕事を進めるための切り替えの速さも求められると思います。社内の要求を取引先へ伝え、交渉するため、相手から必要な情報を引き出し、要求を的確に伝えるためのコミュニケーション能力も重要です。

Q.苦労したこと(していること)は?
社内の要求通りの品質・価格・スケジュールで調達できないことです。部品・材料が揃わないと製造が始められないので、要求通りに調達できないと社内に対して多大な迷惑を掛けてしまいます。資材調達部門で解決させるのが最善ですが、取引先の都合も影響することなので、必要な部品がどうしても手に入らない場合や必要時期までにどうしても部品を入手できないような場合には、代替品を検討してもらったり、社内のスケジュールを調整してもらったりと、関係部門に対策を検討してもらうことになります。トラブル発生時には対応が遅れて致命傷とならないよう速やかに警鐘をならすことも重要な役割だと思います。

PERSON

Q.当社を選んだ理由を教えてください
駐車場機器の車番認識システムの紹介を見て、「あったらいいな」を察知する鋭さとそれを実現する発想・技術のある会社だな、と思い興味を持ちました。他にも防衛や宇宙といったスケールの大きな事業の一端を担っているところにも魅力を感じました。

Q.日々心がけていることは?
社内から要求に基づいて調達するという色彩が強いため、ただ与えられた仕事を右から左へこなしていくだけになってしまいがちです。そうならないよう、自身の仕事の効率化やより安く調達するための手法を主体的に考えていかねばならないなぁ、と思っていますが、なかなか実行できていないのが現状です。今後はその辺りを突き詰めていきたいです。

Q.OFFはどんな風に過ごしていますか?
学生時代は地方で暮らしていたので、横浜や東京を散策するのが楽しいです。しかし、根はインドア派なので自室でゲームやインターネット、読書をしている時間の方が長いです。

VISION

Q.当社で実現したい夢を教えてください
今は社内外のいろいろな方々から教えて貰いながら仕事をしている状態です。今後経験を重ね、調達品に関する知識を身に付けるだけでなく、当社製品やその製造の流れを理解し、社内から信頼されるバイヤーになる、それが今の目標です。

Q.最後に、就職活動中の皆さんへアドバイスをお願いします
学生の皆さんにとって、就職する、ということに対して具体的なイメージが持てず、漠然とした不安を感じることがあるかと思います。また、企業の採用活動が一時期に集中する傾向があり、焦りを感じることもあるかもしれません。しかし、就職活動とはいろいろな企業の方と出会い、様々なお話を聞くことのできるまたとない機会だと私は思います。この機会を楽しもうという心持ちで挑むことで、真に自分に合った選択ができるのではないでしょうか。

ページのトップへ