home > 製品情報 > シミュレーションシステム > 用途から探す > 教育・訓練・養成・教習 > 自動車教習所向け運転シミュレータ

シミュレーションシステム SIMULTATION SYSTEM

教育・訓練・養成・教習

自動車運転シミュレータ

自動車教習所向け運転シミュレータ

教習所イメージ

三菱プレシジョンは、1987年に警察庁の指導のもと運転免許取得時教習用運転シミュレータの開発に着手して以来、自動車教習所に向けた交通安全教育システムの開発・販売を行っています。自動車運転シミュレータ、二輪車運転シミュレータ、模擬運転装置、運転操作検査器をラインナップし、シミュレーション技術による効果的な教習と、全国ネットワークの販売・保守体制で教習をトータルにサポートします。

自動車教習所向け運転シミュレータ年表

運転免許教習

自動車教習所の運転免許取得時教習において活用される運転シミュレータは、教習の理解度を高めるとともに、複数名を同時に教習できる等、効率化のメリットがあります。

シミュレータでは、プレイバック機能により自分の運転を客観的に観察する振返り学習や、他の教習生の運転を見ることが可能となり、教習の理解が深まります。
また、実車では困難な事故等の危険体験や、雨・雪、昼間・夜間等、様々な交通環境における教習を随時実施することが可能です。

模擬運転装置

模擬運転装置DS-3100

模擬運転装置 DS-3100

模擬運転装置は、第一種普通免許の技能教習において運転操作の初歩を教習することを目的に、第一段階の1、2項で、活用が認められています。また、教習生5名までの同時教習が可能であり、教習効率のアップにつながります。
模擬運転装置[DS-3000]の後継機として、リアルな運転体験が可能なシミュレータ機能を備えた模擬運転装置と、実際の運転場面に近い設定で検査を行う運転操作検査器機能(オプション設定)の2つの機能を持つDS-3100をリリースしました。
32インチ液晶ディスプレイを採用し、ハイビジョンによる鮮明な解説映像と高画質CG映像を表示。ハンドル・ペダル・計器などに実車同等の部品を使いあらかじめ実車の感覚をつかむことで、実車教習へスムーズに移行できます。

自動車運転シミュレータ

自動車運転シミュレータ DS-6000 TYPEII

自動車運転シミュレータ DS-7000

免許種別ごとの技能教習において、運転シミュレータによる教習が認められています。シミュレータを使った教習では3名の教習生に対し同時に教習することができるので、教習効率よく指導が行なえます。
自動車運転シミュレータ[DS-7000] は、最新のコンピュータグラフィックスと大画面映像で、臨場感溢れる運転環境を実現。従来機種DS-5000、DS-6000、DS-6000TYPEU同様、国家公安委員会の型式認定を取得しました。

【運転シミュレータ教習項目】
(1)「第一種普通免許」
第二段階の
    項目11:「急ブレーキ」
    項目13:「危険を予測した運転」
    項目14:「高速道路での運転」
    項目15:「特別項目(特殊環境・地域特性)」
   の計4項目において、4時限の活用が認められています。

(2)「第一種中型・大型免許」
第一段階の
    項目14:「急ブレーキ」
第二段階の
    項目8 :「危険を予測した運転」
    項目9 :「夜間の運転」」
    項目10:「悪条件下での運転」
   の計4項目において、4時限の活用が認められています。

(3)「第二種普通・中型・大型免許」
第一段階の
    項目14:「急ブレーキ」
第二段階の
    項目8 :「先急ぎの危険性を理解した運転」
    項目9 :「危険を予測した運転」
    項目10:「夜間の運転」
    項目11:「悪条件下での運転」
   の計5項目において、4時限の活用が認められています。

二輪車運転シミュレータ

二輪車運転シミュレータ RS-6000

二輪車運転シミュレータ RS-6000

二輪車技能教習において、運転シミュレータを使用することが定められています。シミュレータを使った教習では3名の教習生に対し同時に教習することができるので、教習効率よく指導が行なえます。

二輪車運転シミュレータ[RS-6000] は、従来機種RS-5000同様、国家公安委員会の型式認定を受けています。

【運転シミュレータ教習項目】
第二段階の
    項目1:「路上運転に当たっての注意と法規走行」
    項目2:「通行区分など」
    項目3:「走行ポジションと進路変更」
    項目10:「カーブの体感走行」
    項目13:「ケーススタディ(交差点)」
    項目15:「危険を予測した運転」
 の計5項目において、合計4時限の活用が認められています。

各種法定講習

公安委員会から指定(委託)を受けた自動車教習所において、高齢者講習をはじめ初心運転者講習、免許取消処分者/停止処分者講習等の法定講習を行っており、運転操作検査器[DS-30]、模擬運転装置[DS-3100]、自動車運転シミュレータ[DS-7000] 、二輪車運転シミュレータ[RS-6000] を活用いただけます。

高齢者講習

高齢者講習用 運転操作検査器 DS-20

高齢者講習用 運転操作検査器 DS-30

近年高齢化社会が進み、これに伴い高齢運転者の関与した交通事故も増加傾向にあることから、70歳以上の運転者の方々が運転免許更新申請をする場合 「高齢者講習」の受講が義務付けられています。(75歳以上の運転者の方々の場合は、さらに講習の前に「講習予備検査(認知機能検査)」を受けることが義 務付けられます)。

高齢者講習では、動体視力計、夜間視力計、視野検査器、運転操作検査器等を用いた運転適性検査と、検査結果に基づいた助言、実車等による運転指導が行われます。
運転操作検査器[DS-30] は、3次元CGによる実際の運転操作に近い検査場面により、高い信頼性/講習効果を実現しています。(基準適合取得済)
また、模擬運転装置[DS-3100]も運転操作検査器機能をオプションで装備でき、高齢者講習に活用いただけます。(基準適合取得済)

安全運転講習

ペーパードライバーから企業ドライバーまで、様々な運転者や運転目的を対象とした安全教育や講習(運転免許取得者認定教育制度)においても、自動車運転シミュレータ[DS-7000] 、二輪車運転シミュレータ[RS-6000] 、運転操作検査器[DS-30] を活用いただけます。

運転免許取得者認定教育制度
自動車教習所では、講習に必要な一定の条件に基づく公安委員会(警察)から認定を受けて次の講習を実施しています。
1.ペーパードライバー教育課程(運転の経験が少ない運転者に対する講習)
2.二輪車教育課程/大型自動車二輪車等の二人乗り運転に関する課程
(二輪運転者を対象とした講習)
3.高齢者講習同等教育課程/高齢運転者教育課程 (高齢ドライバーを対象とした講習)
4.特殊環境教育課程(気候、地形その他の地域特性に応じた運転に関する講習)
5.運転技能・知識習熟課程(企業ドライバーを対象とした講習)
6.更新時講習同等教育課程(その他一般ドライバーを対象とした講習)

自動車運転シミュレータに関するご質問・お問い合わせはこちら

三菱プレシジョン株式会社 シミュレーションシステム営業本部

TEL:03-5531-8072

TEL:03-5531-8142

お問い合わせフォーム

ページのトップへ