home > 製品情報 > シミュレーションシステム > 導入事例 > 研究・開発 > 財団法人日本自動車研究所 全方位ドライビングシミュレータ

シミュレーションシステム SIMULTATION SYSTEM

導入事例

財団法人日本自動車研究所
全方位ドライビングシミュレータ

加速度と回転運動模擬の追加でよりリアルに、より多くの研究に活用

財団法人日本自動車研究所では、同研究所3式目となる次世代ドライビングシミュレータとして、D3simによる全周囲視野ドライビングシミュレータを導入しました。
本装置の導入により、これまでのドライビングシミュレータでは実現困難であった実験が対応可能になりました。

模擬視界発生装置には水平360°、垂直65°の視野を有するドームスクリーンを採用し、右左折・出会い頭・車線変更時の実験を可能としました。
ターンテーブル付き電動6自由度モーションシステム(ペイロード3,000kg)を付加することで、加速度だけでなく回転運動の模擬が可能なシステムとし、シミュレータ酔いの低減も考慮しています。
ターンテーブル上には実車ボディを搭載しており、よりリアルな運転環境を実現しました。
ソフトウェアではHILSシステムを用いて反力や動揺装置の制御の高速化を実現しており、被験者の運転行動を把握するために複数の視線計測装置も連接しております。
同研究所では、予防安全技術と先進の車両技術を模擬することにより、その技術の有効性を評価するとともに、ヒューマン・マシン・インターフェースの改善の研究に使用されています。

装置外観

装置外観

ドームスクリーン後方にはミラー視界の映像を投影

ドームスクリーン後方にはミラー視界の映像を投影

実車ボディの運転席とドームスクリーン映像

実車ボディの運転席とドームスクリーン映像

模擬運転席内

模擬運転席内

操作卓

操作卓

お問い合わせ・連絡先

三菱プレシジョン株式会社 シミュレーションシステム営業本部

TEL:03-5531-8072

TEL:03-5531-8142

お問い合わせフォーム

ページのトップへ