home > 製品情報 > 腹腔鏡下手術シミュレータ > 製品紹介

腹腔鏡下手術シミュレータ Lap-PASS LP100

お問い合わせ・連絡先

三菱プレシジョン株式会社
シミュレーションシステム営業本部
手術シミュレータグループ

TEL:03-5531-8075
FAX:03-5531-8142

お問い合わせフォーム

Lap-PASS LP-100特長

製品紹介

モニタ画面

映像表示モニタの中央に腹腔鏡カメラからの映像を表示。
周囲にはシミュレータ機能の操作ボタン類が配置されています。

×

模擬術具

モータエンコーダを備えたパラレルリンク機構により、6自由度の術具操作と、X、Y、Z方向の力触覚提示が可能な模擬術具操作ポートを2ポート備えており、術具の先端はシミュレーションソフトウェアによって10種の鉗子形状・特性を模擬しています。

自由度 6自由度
力触覚反力提示 X、Y、Z方向 最大10N
動作範囲 X:300mm、Y:300mm、Z:260mm
トロッカーポート選択 36ポート

模擬術具の種類

吸引機能付フック型鉗子

吸引機能付フック型鉗子
(通電タイプ)

自動縫合器

バイポーラカッター

金属クリップ

把持鉗子

把持鉗子
(通電タイプ)

w

ヘモロッククリップ(※1)

超音波メス

超音波外科的吸引機

w

剪刃

3

剪刃
(通電タイプ)

回収バッグ

モノポーラ凝固メス

スネークリトラクタ

(※1)ヘモロックはテレフレックス インコーポレイテッド社の商標です。

×

模擬腹腔鏡カメラ

視野方向 直視: 0°
斜視:30°、45°、90°
視野角 80°
ローテーション機構付き

執刀医の単独訓練時用にカメラを固定(保持)する機能を装備。

×

フットスイッチ

バイポーラフットスイッチ:
バイポーラ手術器具の通電操作(出力音あり)


モノポーラ2ペダルフットスイッチ:
モノポーラ手術器具の切開または凝固通電操作(出力音あり)

×
ページのトップへ